押出生技部押出生技グループ|森 駿介

押出生技部押出生技グループ|森 駿介

森 駿介

押出生技部押出生技グループ|2018年度入社

理工学教育部卒

押出生技部押出生技グループ

 富山県で生まれ育ったため、富山で就職し、富山県に貢献したいと考えていました。
 また、小さいころから自動車が好きで、世界に誇る事ができる日本の自動車産業に携わる事ができる点、街で走る車を見る事で、自分が携わった製品が人々の生活に役立っているというやりがいを身近に感じられる点は非常に魅力的であり、「この会社だ!」と思いました。

今私は押出機構の要である押出型の設計と立ち上げ、7000系アルミ横型鋳造の稼働率向上のための条件改善業務に取り組んでいます。
 自分が設計した型を用いて押出された製品が問題なく出荷できた際、私が入社する前からの目標であった8H連続鋳造の達成に携わる事ができた点は大きなやりがいを感じれました。どちらの過程にも数々の苦労や失敗がありましたが、それを補うチームワーク力がこの会社にはあります。

 上下関係はほとんど関係なく、人間関係が良いため毎日楽しく仕事をさせてもらってます。まだまだ未熟な私ですが、いち早く会社に貢献できる人材になれるよう精進していきます。

戻る